どんぶり日記

グルメブログではありません。いろんな独り言多め。

ヤキモチ

今日は配達で一日中運転していました。

運転に疲れた身に駐車場があるコンビニは本当にありがたい。

一服休憩できるからオアシスみたいなものです。

 

夕暮れのコンビニ。

駐車場に設置されていたベンチでいちゃいちゃするカップル。

高校生くらいだろうか?

楽しそうに話して2人でスマホで写真なんか撮っちゃって仲のいいカップル。

楽しそうな2人の笑顔に僕はヤキモチを妬いてしまった。

僕もそれなりに彼女はいたし、今は結婚しているし、

なんだったらもう少したてば子供たちもこのカップルの年齢にすぐ達する。

でもヤキモチが止まらない。

そう。僕は中高ととにかく片思いしかしてこなかったからだ。

甘酸っぱい恋愛?ないですないです。

高校のときは地獄だった。

入学前に学校見学したとき、本当に夢を馳せた。

ああ、この駅で彼女と待ち合わせして登校するんだろうな。

ああ、このベンチで彼女とお弁当食べるんだろうな。

ああ、この教室で素敵な女子に出会えるんだろうな。

全部夢物語。

駅では誰とも待ち合わせもせず、ベンチには体育の見学で座ったきり、

教室なんか居心地の悪い空間でしかなかった。

素敵な女子とは出会えた。でも嫌われすぎた。

生理的に受け付けられなかったとしか考えられないくらい。

廊下を歩けばモーゼの十戒よろしく女子が道を開けてくれたよ!

夢が光り輝いていただけに、現実とのギャップ、落差、叩き落された感がとてつもなかった。

ふて腐れた3年間でした。

だから、楽しそうな高校生のカップルを見ると今でもヤキモチを妬いてしまう。

みっともないけど本当の話。